東証銀行業株価指数が注目の資生堂

ここ最近は、景気の先行きが見通せず、値動きがある物の安定しない状態が続いていたり、予想外の上昇、下降傾向があったりと、高景気とは言えない状態が続いています。金利が低下し続け、ついに超低金利と言われる時代にも入り、預貯金では資産運用が難しくなっている中、NISAなど小額の取引を優遇する制度が登場し、若い人や主婦など、少し前までは株とは無関係だった人たちが、株をたしなむようになってきています。中には、大きな利益を上げている人や少額ながら配当や優待を得ている人など、その人にあった楽しみ方をしている人がたくさんいます。株の売買を行う人が指標とするのが東証銀行業株価指数で、東証市場第一部に上場している普通株式の全銘柄を時価でどのくらいなのかが分かる指数で、ニュースや新聞でも取り上げられることがある一般的な指数です。
資生堂は、女性に人気がある有名な化粧品メーカーで、国内でトップクラスのシェアを誇ることから大変人気がある銘柄です。女性におすすめの銘柄で、化粧品の他、ヘアケア製品や健康食品、医薬品など広い業績があり、販売地域の特性に応じた商品展開をしている魅力的なメーカーです。女性に人気がある理由は、株主優待が充実していることで、1年以上資生堂株を保有することで、優待の権利が発生し、資生堂が指定するグループ製品の中から好きな物を選んでもらうことができるところが人気の理由です。国内だけでなく、ヨーロッパやアメリカ、アジアにもブランド展開しており、人気を博していることから、今後も期待できる銘柄な上に、株主優待も魅力的なので、注目されています。資生堂製品を愛用している人は、企業を応援する意味も込めて検討してみてはいかがでしょうか。

トップページへ